選べば怖くない!ボトックス注射による副作用|効果は一目瞭然

婦人

技術も肝心

ドクター

無表情にならないためにも

筋肉の縮小を促し、しわやたるみを改善させられるボトックス注射は、美容系の施術ではポピュラーなものです。年々、目立ちやすくなる小じわを目立ちにくくしたいときにも役立てられるのは間違いないです。ハリのある顔立ちをキープし続けたいなら、ボトックスの治療は利便性が高いのは確かといえます。美容に役立てられるボトックスですが、量を間違えてしまったら顔面麻痺の副作用が現れてしまいます。あくまで、ボトックス注射はボツリヌス菌を使用しているため、過剰な量を投与されると皮膚下にある筋肉が麻痺してしまい、表情が作りにくくなってしまう可能性が高まります。また、一部分だけ硬直してしまい、顔の表情が歪んでしまうこともありえます。自身の感情を伝えるのに欠かせない表情作りができにくくなってしまうのは日常生活に致命的な支障をきたしてしまいます。過剰投与による副作用で顔面麻痺を引き起こさないためにも、信頼性の高いクリニックを探しだすのと、相談しやすい医師を見つけ出すことが重要です。

副作用を気にしないために

美容外科の医師は、ボトックス注射治療による顔面麻痺の副作用を少しでも下げるために、綿密なカウンセリングを設けているところもあります。患者のしわやたるみの症状を改善するのに必要な薬剤量を把握するためです。顔の筋肉を収縮させすぎて、表情が乏しくならないために、顔面の筋肉とのバランスを考慮しながら、適度な量での施術を実施してくれます。施術経験が豊富な医師なら、適切な量の薬剤はどれくらいなのかを、すぐに判断してくれるので安心して身をゆだねられるのは確かです。

技術面にも着目

実績豊富な医師を頼れば、適量の薬剤を用いて治療をしてくれるのは間違いないです。適量なら、顔の筋肉を動かすための神経細胞にも悪影響を及ぼさなくなる可能性が高いです。また、適量をちゃんと把握して治療をしてくれるところも最適ですが、治療技術に優れた医師を探し出すのも重要です。単純な注射治療に技術面をみる必要性があるのかと感じてしまう人もいます。ボトックス注射は、あくまで血管ではなく皮膚の下にある筋肉に薬剤を注入するタイプの治療です。しかも、顔面の筋肉は脚や腕と比較してみると筋肉量が少ないので、微量な力加減が求められます。対象としている箇所に注入をする際に、他の組織を損傷させないためにも、技術に定評のある医師であるかを確認するのは重要です。