選べば怖くない!ボトックス注射による副作用|効果は一目瞭然

婦人

アフターケア方法も意識

カウンセリング

しばらく患部には触れない

ポピュラーな美容施術であるボトックス注射は、厚労省認可の薬剤を使用しているところなら、副作用リスクを最小限に出来ます。顔の筋肉を動かすための神経細胞に何かしらの影響をあたえる危険性が少なくなるのは確かと言えます。それに、ボツリヌス菌が有する毒素を徹底除去しているので、風邪みたいな副作用症状を引き起こす可能性も限りなく低いです。安全性が高いボトックス注射ですが、治療を受けた後にも注意が必要です。治療を受けた後は、できるだけ避けておいたほうがいいのは、顔のマッサージです。薬剤を注入した後は、注入箇所の組織によく馴染むようマッサージをすれば浸透しやすいと思われがちです。しかし、それらは何かしらの病気予防接種を受けた後の話です。ボトックス注射治療は、あくまで筋肉組織を縮小化させてしわやたるみを抑制する治療で、変にマッサージをしてしまうと、薬剤の効果によって筋肉の動きがいびつになってしまう可能性がありえます。顔の表情を変にしないためにも、注入治療後はできるだけ患部を触らないことを意識しましょう。

いびつ化を防ぐために

筋肉に作用するボトックス注射は、安全を喫するためには認可済みの薬剤を使用、治療経験が豊富なところをメインにクリニックをさがすものです。安全性の高いクリニックで注入治療を受けても、アフターケア方法を間違えてしまえば、副作用の症状が引き起こされる可能性が高いのは間違いないです。痙攣や内出血、表情のいびつ化リスクを最小限に抑えるためにも、適切なアフターケア方法を実践していくのが望ましいです。

避けるべき行為とは

ボトックス注射治療を受けた後は、シャワーを除く入浴行為、サウナに入るのは避けたほうがいいです。また、飲酒もできるだけ避けるのもおすすめです。なぜなら、顔の表情をいびつにさせる原因にもなりかねないからです。治療後のアフターケアとしては、安静にして経過観察をし続けるのが望ましいです。不要な刺激を患部にあたえてしまうと、副作用として顔のいびつ化が生じてしまいます。触れずに、医師の経過観察を受けて、安定した生活をおくることを心がけるのがおすすめです。しばらくして、表情がいびつになったり、痙攣が起きなかったりしたら、元の日常生活通りで入浴や飲酒、マッサージを行なうのが最適です。